バナー

FXと株取引の違いとは

銀行の定期預金のように、安心確実ではあるものの、利益が極端に少ないという方法にくらべると、株取引やFXというのは、リスクがある反面、短期間で大きな利益を手にすることができるというメリットがあります。

このFXと株取引のどちらがよいかというのは、目的や投資スタイルによって異なりますので、一概にいえないところがありますが、両者には大きな違いがあるというのはたしかなところです。

BIGLOBEニュース関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

たとえば、株式にはさまざまな銘柄があって、そのなかから適切なものを選ばなければ、容易に利益を上げることは困難です。

FX関連情報を解説します。

しかし、FXであれば、メジャーなところでいえば米ドル、ユーロ、ポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドルといった程度の通貨だけ押さえていれば、それなりに投資が可能であるため、値動きの激しさや現在のトレンドなどをふまえて、いくつかをチョイスするだけで済みます。


また、初期投資としてどれほどの金額が必要になるのかというところでも、株取引であれば数百万円といった資金は準備しておきたいものですが、FXのほうは単価がそれほどには高くありませんので、資金が少なければ少ないなりに、通貨の取引単位を減らし、もしもある程度の資金が確保できた場合には、大きな単位で取引をするといったメリハリをつけることが可能です。



特に、FXの場合にはレバレッジといって、取引の際の担保にあたる証拠金の金額の何倍もの価格の通貨を取引できるというところも、初期投資が少なくて済む要因になっています。