バナー

トルコリラ取引で重要なマルチタイムフレーム分析

トルコリラ取引を含むFXトレードを行う投資家が必ず見ているのが通貨ペアの値動きを描いたチャートです。
チャートには時間軸があり、1分間の値動きを一本の足で表現している1分足チャートや一日の値動きを表現している日足チャート、一ヶ月の値動きを表現している月足チャートなど様々です。

FXトレードを行う際は、一つの時間軸チャートのみではなく複数の時間軸チャートを同時に用いることが大切です。どの時間軸のチャートを用いるかは、投資家が標榜する投資スタイルによります。

スキャルピングトレードやデイトレードであれば1分足や5分足チャートを使い、トルコリラ取引ではメジャーな長期トレードでは週足や月足のチャートを用いることが一般的です。

しかし、どういった投資スタイルでも一種類の時間軸チャートのみを使っていては判断を誤ることがあるのです。



一種類の時間軸チャートのみではその時間軸での流れしか確認することが出来ず、他の時間軸では違う流れが発生している可能性があります。

トルコリラのクチコミ情報を求めています。

そういった場合にポジションを取ってしまうと、すぐに見ていた時間軸チャートの流れとは異なる流れに移行してしまい利益を出すことは出来ません。

特に高金利通貨として有名なトルコリラ取引は、長期トレードをしている投資家が多いため短期と長期では動きが全く違うことが珍しくないのです。

そういった事態を避けるために必要なことは、複数の時間軸チャートを見て流れを分析するマルチタイムフレーム分析です。

マイナビニュースの情報がわかりやすく紹介されています。

5分足チャートで売買タイミングを計っているのであれば、それよりも長い時間軸である15分足チャートや30分足チャートも同時に確認し、より長い時間軸でも同じ流れにあることを確認してから売買を行えば流れに逆行してしまうことはなくなります。