スーツはビジネスマンにとって大切なアイテムです。

見た目の印象を良くするためにも自分に合ったものを選ぶ必要があります。

スーツのサイズ選びで重要なのは自分の肩にあっているかどうかです。


アパレル業界ではスーツは肩で着るものといわれています。

他がぴったりでも肩があっていなければ不恰好に見えるのです。

購入する際、値段はピンからキリまであります。

大手ショッピングモールなどで10000円から20000円前後という安さでも販売してはいますが、海外生産のものがほとんどで縫製もあまりよくなく素材もポリエステルが含まれており、安っぽく見えます。


ただ、一着が何十万円もするブランドものを一般庶民が何着も購入するのは不可能です。

なので最低でもウール100パーセントの38000円から70000円前後のもの程度はそろえるようにしましょう。



試着してみる際には、後ろ襟が1センチから2センチくらい見える程度かどうか、後ろ首から背中の辺りにシワが寄っていないか、袖丈や着丈は大丈夫かをチェックしましょう。

胸周りは、ジャケットのボタンを閉じた状態で握りこぶし1つ分のゆとりがある程度がちょうどよいです。

ゼニアスーツ情報を調べられるこのサイトはオススメです。

パンツ丈が長すぎてパンツにシワがよっているのもNGです。
38000円以上のものであればたいていウール100パーセントでしょうが、念のため表示タグでチェックしておきましょう。

着心地に違いがでます。
ポリエステルが含まれているとごわついて、商品としては丈夫ですが着心地は決してよいものではなくなります。

あなたに合った産経ニュースの優良サイトならこちらで見つかります。

Copyright (C) 2015 スーツ選びのコツとは All Rights Reserved.