バナー

なぜトルコリラは人気なのか

世界的にみるとトルコリラはそれほど有名な通貨でもなく、流通量が多いわけではありません。
世界のFXでの流通量の3分の2は米ドル、ユーロ、円が占めており、残りの3分の1がその他の国の通貨となっています。



その他の中にも英国ポンドや豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドルなどのように主要国通貨も含まれていますので、トルコリラがいかに流通量の少ない通貨かということがわかります。トルコリラはとりわけ日本人に人気の高い通貨です。

最近ではさまざまなFXブローカーで取り扱いが開始され、高いスワップ金利に注目されています。


スワップ金利の高い国の通貨としては、豪ドル、ニュージーランドドル、南アフリカランドなどがありましたが、最近ではオーストラリアは利下げを行い、金利も低くなってきてしまっています。
しかしトルコは今でも高い政策金利を設定しているため、スワップ金利を目的とした取引では人気があるのです。

日本人は世界から見ても「ミセスワタナベ」と呼ばれるように、FXの世界で一目置かれる存在です。

日本人ほどFXが好きな国民は他にいません。
そのため日本人のロスカットをターゲットとした投機筋の動きには十分注意が必要です。

資源国や新興国のように金利の高い通貨を取引する場合、9割以上の人は買いから入ります。

朝日新聞デジタル関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

つまりわざわざ金利の高い国の通貨をショートするようなことはしないのです。

トルコリラについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

購入した通貨はいつか清算されるわけですから、買う人が多ければ多いだけ清算が入ると値が下がるのです。

そうしたチャンスを海外のファンドは見逃しませんので、気を付けましょう。